オペナースの役割とは?

 

オペナースの役割とは?

医療の現場での医師のサポートをする看護師の仕事は、ではさまざまな仕事に分かれています。その中でも重要な役割を担っているのが、オペナースです。病院の中の手術室で看護師としても役割を持っていて、医師の指示を受けながら業務に当たっていきます。

 

そして、オペナースの仕事は「直接介助」と「間接介助」の2つの役割分担に分かれていて、「直接介助」とは手術に使う器具を手術中の医師に渡す役割を持っていて、間違いは許されません。

 

手術の器具には種類が多くて、医師は患者さんの手術部分に神経を集中しているので、医師が手術をスムーズにできるには、オペナースのてきぱきとした間違いのない動きが重要となってきます。そしてもうひとつの「間接介助」の役割を持ったオペナースの仕事は、患者さんの手術の前や後の対応が仕事で、メンタルな部分での患者さんへの対応を求められていきます。

 

これから手術を受けていく患者さんは、心理的に不安定ですから、看護師さんとしては、こころのケアを求められていくのが、「間接介助」のオペナースの役割となっているのです。